社交ダンスアカデミーダイナ 社交ダンスアカデミーダイナ
社交ダンスアカデミーダイナ
TOPページ > ダイナの歴史










1959年10月
従業員とバンドマン達
1947年、終戦まもない久留米大学医学部近くの戦災住宅に
一枚の張り紙を張る仲のいい夫婦の姿があった。
夫、伊藤大輔、妻、静枝であった。


二人は台湾から引き揚げたばかりであった。
張り紙には、「ダンス教えます!」と書かれてあった。
張り紙を見つめる二人の目は、夢と期待に満ち溢れていた。


数日後、生徒が徐々に増え始め、近所の評判となった。
やがて空前のダンスブームとなり、多くの生徒に囲まれるようになった。
ダイナの名前は少しずつ久留米市内に広がっていった。

 その後、教室は、二男、陽二に任され「ダンスを通してのコミュニケーション」を
コンセプトに、現代流、競技ダンスを頂点とする本格的社交ダンス教室に
姿を変えていった。

 そして今年で71周年を迎え、弟、武彦に受け継がれたダイナは、
「ビューティ&ヘルシー」も新しいコンセプトに加え、生涯学習的要素を取り入れ、
ダンスの新しい可能性を考えると同時に、陽二の息子も加わり、競技ダンスに
おいても、九州屈指の教室として伝統と格式を重んじながらも、気軽に学べる
ソシアルダンス教室として現在に至っている。


−−踊りとは神が与えたもうた最高の贈り物である−−