TOPページダイナーズ・クラブ > ダイナーズ・クラブ会則
ダイナーズ・クラブ 会則
(名称)第1条 本会は、ダイナーズクラブと称する
(目的)第2条 本会は、会員の親睦とダンス技術の向上を図り、よってボールルーム・ダンスの普及・発展に寄与することを目的とする。
(活動)第3条 前条の目的を達成するため、次の活動を行う。
(1)会員相互の親睦に関すること。
(2)ソシアル・ダンス・アカデミー・ダイナの後援に関すること。
(3)その他、前条の目的達成のために必要なこと。
(会員)第4条 本会は、ダンスを愛好するもの及び本会の趣旨に賛同する者を以て組織する。
(入会)第5条 会員として入会しようとする者は、所定の入会申込書を提出しなければならない。
(会費)第6条 会員は、本会の運営に要する経費として月額1000円を納めなければならない。
2 会員となった者は、その月から、退会した者は、その月まで、会費を納めなければならない。
(会計)第7条 会計の年度は、4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。
2 この会の経費は、会費及び利息その他の収入をもってこれに当てる。
(役員)第8条 この会に、次の役員を置く。
(1)会長 1名
(2)副会長 2名
(3)幹事 若干名
(4)会計 2名
(5)監査 2名
2 会長はこの会を代表し、会務を総理する。
副会長は会長を補佐し、会長に事故があるときは、その職務を代理する。
3 役員の任期は2年とする。ただし、再選を妨げない。
補欠または増員により就任した役員の任期は、前任者または現任者の残任期間とする。
4 役員は、その任期の満了後も後任者が就任するまでは、その職務を行う。
(総会)第9条 総会は年1回開催する。ただし、必要がある場合は臨時に開催することができる。
2 総会に附議すべき事項は次の通りとする。
(1)会則の改廃。
(2)役員及び理事の選任に関すること。
(3)収入支出予算、決算。
(4)会の運営に重要な影響を及ぼす事項。
(5)その他必要と認める事項。
(役員会)第10条 役員会は、第8条に定める役員(監査役を除く)によって構成し、総会の決定事項並びに、この会の日常業務を執行する。
附則 この会則は、平成5年11月28日から施行する。